ハートの

帯結び紹介

小紋袖に配された桜の花びらがハートに似ていることから、ハートをイメージした帯結びをご提案しました。

お着物がシックなので、アクセサリーや、二本使いした​帯締めの結び方など、たくさんのハート構成でより​可愛らしさを強調しています。帯あげは、前から回し、後ろの帯結びの上で​ハートのアクセサリーを花のように包んで形つけました。

 ※下記、画像をクリックすると、拡大画像と詳細説明が表示されます。

帯むすびに必要なもの
帯むすびに必要なもの

丸帯、飾り帯あげ、ガーゼの帯あげ、帯枕用のタオル、帯じめ、帯板、帯座、三重紐、仮紐、クリップ、輪ゴム

press to zoom
1.
1.

てさきより手幅4つ半計り、胴にふたまきし、たれを上に、てを下に交差して仮紐で押さえ、帯と背の間に帯座を入れます。

press to zoom
2.
2.

たれを下ろし、1の紐を外した三重紐を帯座の上の背につけます。たれさきの手幅1つ半に5枚の表ひだをたたみ、中心を輪ゴムでとめます。

press to zoom
3.
3.

たれをねじらないように上げ、5枚の表ひだを三重紐の3の紐に下から通し、

press to zoom
4.
4.

ひだ元を押さえて上に出し、帯座を台にしてひだを背中心に置きます。

press to zoom
5.
5.

余りのたれを広げて羽根を作ります。

press to zoom
6.
6.

たれの下から3分の1の所に上向きのひだをたたみ、

press to zoom
7.
7.

上から3分の1の所から下向きのひだをたたんで、箱ひだに形つけます。

press to zoom
8.
8.

箱ひだをたたんだ左の羽根を三重紐の2の紐に下から通します。

press to zoom